イベント案内

よみがえる!「チャオチャオ道中おどり」

~7月29日午後6時から~

お問い合わせはミルクルコンシェルジュまで
☎ 050-5578-8055(9:00~17:00)

アバッセたかた「まちなか広場」で開催

今夏、陸前高田の夏を熱気で包む「復活!2017チャオチャオ陸前高田道中おどり」が、7年ぶりに実現します。日時は7月29日(土)午後6時から3時間(雨天の場合は翌日)。踊り会場はアバッセたかた「まちなか広場」周辺約300㍍区間です。

主催する市観光物産協会(金野靖彦会長)の同おどり運営事務局(大坂俊也局長・同協会事務局長)では、申し込み順に出場者600人(会社、事業所、各種団体など、どなたでも)を募集しています。締め切りは7月10日午後5時。参加料は無料です。その他必要な経費は自己負担となります。共催は陸前高田商工会と陸前高田市。

主催者では出場者に対し、説明会(7月12日午後6時30分から、まちなか広場東屋前)を必ず、受講するように、と呼びかけています。現地で津波避難訓練も実施します。踊りの講習会は後日、出場団体に連絡します。出場団体からは2人まで参加できます。チャオチャオ陸前高田道中おどりは震災後、23年から途絶えていました。

チャオチャオ陸前高田道中おどりの曲は平成7年、陸前高田市の市制施行40周年を記念して作られたイメージソング。のりの良い明るい曲で、だれもが浮き立つメロディーです。

同事務局では「震災後、いろいろな思いがあって、(チャオチャオ道中おどり)再開に無理があったようです。今回の復活は津波犠牲者への追悼の意味も込められ、陸前高田市に笑顔と元気を取り戻そうと企画しました。多くの人に参加してもらい、ひとときではありますが、楽しんでもらえるならうれしい」と話していました。
震災当時、中学3年だったという陸前高田市観光物産協会の村上莉玖(りく)さん(21)は、その頃の「チャオチャオ陸前高田道中おどり」について「JR陸前高田駅通りが2000人の輪でつながり、見事なものでした」と懐かしそうに話してくれました。

【日時】
平成29年7月29日(土) 午後6時~9時
【場所】
アバッセたかた西側「まちなか広場」周辺約300m区間
【申し込み・問い合わせ】
「復活!」2017チャオチャオ陸前高田道中おどり運営事務局(陸前高田市観光物産協会)
TEL/FAX:0192-54-5011

「イベント」リストにもどる